〇 日本の伝統「畳」を使った小物づくり

日本の伝統「畳」を使った小物づくり

〇 概要

所要時間:60分

定員:5人

最小催行人数:2人

〇 価格

大人(12才以上):4000円

日本の伝統「畳」を使った小物づくり

所要時間: 60分定員:5人 [最小遂行人数:2人]

所要時間: 60分

定員:5人 [最小遂行人数:2人]

日本の伝統ある畳の工房を訪れ、ミニ畳作りを体験をしましょう!

城下町に昔からある畳の工房で職人の方から畳がどう作られているかを学んでいきます。

実際に自分たちでミニ畳づくりの体験をします。畳両端に、縁用の布を裏側に折り曲げて畳用のホッチキスでとめていきます。うまく留めたら裏に専用のカバーを貼ります。これでミニ畳は完成です。
次に、畳の縁の布を使って、くるみボタンを作ります。畳の縁の布柄は豊富で、自分の好きな柄を見つけるのも楽しみの1つです。
出来上がったミニ畳は、フォトスタンド、アクセサリー掛け、また花瓶敷にも使えますよ!
※畳は井草という植物を主に原料としていますが、海外への持ち出しに規制があるため、和紙を原料として畳を使用しています。

※畳小物も購入できます。
畳縁カードケース¥400~/畳縁扇子入れ(扇子付き)¥1,000~

体験スケジュール

 開始時間: 

集合
畳工場見学
10~15分
ワークショップ
20~30分
解散

必要なものなど

体験に必要なもの:
持ち帰りの袋
服装:
特に指定はありません

1名あたりの料金

〇大人(12才以上):
4000

〇体験料金に含まれるもの

ミニ畳、畳縁クルミボタン、材料費、工場見学

〇開催条件・体験の中止について

3~4月初旬は開催なし。仕事によってはお断りすることもあります。

〇その他

所要時間は、予定に合わせますのでご相談ください。

おせわさん

イベント

竹内畳店

四代に亘って70年以上、日本の伝統である「畳」をつくり続けています!

四代に亘って70年以上、日本の伝統である「畳」をつくり続けてきました。伝統ながらの畳をつくりながら、現代の人にも畳のよさを知ってもらえるように畳のミニ版を使って畳づくりについて色々な活動をしています。

日本語:
英語:
中国語:
フランス語:
その他:
英語が少し